@ WordPress

ショートコードの使い方

ショートコードは、WordPress に PHP で記述した関数を登録して、動的な出力を得る仕組みです。

add_shortcode() を使い任意のショートコード名に関連付けて、任意の関数を登録すると、投稿や固定ページでショートコードを使うことができます。

以下のソースコードは、「support」というスラッグのカテゴリーに属する投稿のタイトルをハイパーリンク付きで3件表示するものです。

functions.php

function support_news_func(){
	global $post;

	$html = '<ul>';
	$lists = get_posts( 'posts_per_page=3&category_name=support' );
	foreach( $lists as $post ):
		setup_postdata( $post );
		$html .= '<li>' . get_the_time( 'Y-m-d' ) . ' <a href="' . get_permalink() . '">' . the_title( '','',false ) . '</a></li>';
	endforeach;
	wp_reset_postdata();
	$html .= '</ul>';

	return $html;
}
add_shortcode( 'support_news', 'support_news_func' );

以下のショートコードを「投稿」または「固定ページ」の「テキスト」に記述して利用します。

[support_news]

テンプレートファイル内でショートコードを利用する場合は、do_shortcode() を使って、以下のように記述します。

<?php echo do_shortcode('[support_news]'); ?>

WordPress Codex : ショートコード API