@ WordPress

デバッグモードを有効にする

WordPress 標準では PHP にエラーが起きた場合でもエラーが出力されないようになっています。
サイトを構築したり、テーマやプラグインをチェックする場合には、デバッグモードを有効にして、エラー内容を確認しながら開発を進めることができます

デバッグモードの基本的な使い方

デバッグモードを有効にするには、WordPress をインストールしたディレクトリ内にある wp-config.php を編集します。

wp-config.php

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 *
 * その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。
 *
 * @link http://wpdocs.osdn.jp/WordPress%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
 */
define('WP_DEBUG', false);

この define(‘WP_DEBUG’, false); を define(‘WP_DEBUG’, true); にするだけでデバッグモードが有効化されます。

エラーがあるとブラウザ上にエラー内容が表示されます。

エラーをログファイルに書き出す

エラーをブラウザに表示させずに、ログファイルに書き出すことも出来ます。

wp-config.php

/**
 * 開発者へ: WordPress デバッグモード
 *
 * この値を true にすると、開発中に注意 (notice) を表示します。
 * テーマおよびプラグインの開発者には、その開発環境においてこの WP_DEBUG を使用することを強く推奨します。
 *
 * その他のデバッグに利用できる定数については Codex をご覧ください。
 *
 * @link http://wpdocs.osdn.jp/WordPress%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0
 */
define('WP_DEBUG', true); // WP_DEBUG モードを有効化
if (WP_DEBUG) {
  define('WP_DEBUG_LOG', true); // /wp-content/debug.log ファイルへのデバッグログの出力を有効化
  define('WP_DEBUG_DISPLAY', false); // エラーと警告の画面への表示を無効化
  @ini_set('display_errors',0); // 〃
}

WP_DEBUG_LOG を有効化すると /wp-content/ ディレクトリに debug.log が作成され、そのファイル内にエラー内容が記録されます。

WP_DEBUG_DISPLAY を有効化するとエラー内容をブラウザ上に表示します。

WordPress Codex:WordPressでのデバッグ