@ WordPress

子テーマの作り方

テーマをカスタマイズする場合、すべてのテンプレートファイルを直接編集するのではなく、編集したい(カスタマイズしたい)ファイルだけを集めたテーマフォルダを新たにつくって、そこで親テーマの変更したいファイルだけを上書きしてしまおう、というのが「子テーマ」です。

「子テーマ」を利用すると「親テーマ」をバージョンアップしたとしても、カスタマイズした内容は保持されます。

子テーマディレクトリの作成

子テーマを作成する最初のステップは、子テーマディレクトリの作成です。wp-content/themes ディレクトリ直下に作成します。子テーマディレクトリの名前には最後に 「-child」 を付けることが推奨されます。

ParentTheme-Child
├── style.css
├── functions.php
└── any_template.php

子テーマのスタイルシート (style.css) の作成

次のステップは子テーマのスタイルシート (style.css) の作成です。スタイルシートは次の スタイルシートヘッダ で始める必要があります。

style.css

/*
 Theme Name:   Parent Theme Child
 Theme URI:    http://example.com
 Description:  Parent Theme Child Theme
 Author:       Author Name
 Author URI:   http://example.com
 Template:     Parent Theme
 Version:      1.0.0
 License:      GNU General Public License v2 or later
 License URI:  http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html
 Tags:         light, dark, two-columns, right-sidebar, responsive-layout, accessibility-ready
 Text Domain:  underscores-child
*/

親テーマと子テーマのスタイルシートをキューに入れる

必須の子テーマファイルは style.css のみですが、スタイルを正しくキューに入れるには functions.php が必要です。

functions.php

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
    wp_enqueue_style( 'child-style',
        get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css',
        array('parent-style')
    );
}

WordPress Codex : 子テーマ