@ PHP

OOP:コンストラクタによる初期化処理

コンストラクタとは、特別なクラスメソッドの一種でクラスが new 演算子でインスタンス化されるタイミングで呼び出されます。

コンストラクタは、プロパティの初期化やクラス内部で利用する外部リソースの初期化処理を記述するのが一般的です。

コンストラクタのアクセス制限は「public」のみです。

root
 ├── Person.php // Person クラス
 └── construct.php // 実行ファイル

Person.php

<?php

class Person
{

    public $firstName;

    public $lastName;

    public function __construct(string $firstName, string $lastName)
    {
        $this->firstName = $firstName;
        $this->lastName = $lastName;
    }

    public function show()
    {
        print "氏名:{$this->lastName}{$this->firstName}";
    }

}

construct.php

<?php
require_once ('Person.php');

$p = new Person('太郎', '山田');

$p->show();

print '<hr>';

Person クラスの firstName lastName プロパティをコンストラクタで初期化するソースコードです。

ここでは、コンストラクタが Person クラスがインスタンス化されたタイミングで渡された引数を、$firstName, $lastName パラメータ変数で受取り、それぞれ対応するプロパティ(メンバー変数)にセットする役割を果たしています。

PHP: コンストラクタとデストラクタ – Manual