@ JavaScript

operators:演算子

算術演算子

算術演算子は数値 (または文字列や変数)をオペランド(演算の対象となる値や変数)として扱い、1つの数値(または文字列や変数)を返します。

記号 演算子
+ 加算
減算
* 乗算
/ 除算
% 剰余

インクリメントとデクリメント

接尾/接頭辞のインクリメント演算子と接尾/接頭辞のデクリメント演算子です。

記号 演算子
A++ 接尾辞インクリメント
A– 接尾辞デクリメント
++A 接頭辞インクリメント
–A 接頭辞デクリメント

関係演算子

2つの値を比較して、true または false を返します。

記号 演算子
> 大なり
< 小なり
>= 以上
<= 以下

等値演算子

等値演算子の評価結果は常に、比較が真かどうかに基づいて Boolean 型の値になります。

記号 演算子
== 等値
!= 不等値
=== 同値
!== 非同値

代入算子

基本となる代入演算子はイコール (=) で、右オペランドの値を左オペランドに代入します。たとえば x = y ならば y の値を x に代入します。他には通常の演算を短縮した代入演算子があり、以下の表に示します。

記号 演算子
= 代入
*= 乗算値代入
/= 除算値代入
%= 剰余値代入
+= 加算値代入
-= 減算値代入
<<= 左シフト値代入
>>= 右シフト値代入

論理演算子

論理演算には、一般的に (論理) 真偽値が使用され、それが置かれた時に真偽値を返します。

記号 演算子
&& 論理積 (AND)
|| 論理和 (OR)
! 論理 (NOT)

ビット演算子

ビット演算子ではそのオペランドを 10 進数や 16 進数や 8 進数の数値ではなく、(0 や 1 が)32 ビットひと続きになったものとして扱います。例えば、10 進数の 9 の 2 進表現は 1001 です。ビット演算子はこのように 2 進表現にした上で演算を行いますが、標準の JavaScript の数値を返します。

記号 演算子
& ビット論理積 (AND)
~ ビット否定 (NOT)
| ビット論理和 (OR)
^ ビット排他的論理和 (XOR)

式と演算子 – JavaScript | MDN