@ JavaScript

return 文

関数から返される値を指定するのが return 文です。

return 文は、関数の中でしか使えません。return 文の実行が始まると、未処理の文があっても、関数の実行は中断されます。

返す式また値が省略された場合は、undefined が返ります。

return 文の書式は次のとおりです。

return [返す式また値];

return_01.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
<meta charset="utf-8">
<title>sample</title>
<style>
body {
  font-size: 50px;
  line-height: 1.5;
  padding: 100px 0;
  cursor: pointer;
  text-align: center;
}
</style>
<script>
function square(x) {
  return x * x;
}
document.write(square(5));
</script>
</head>

<body>
</body>

</html>