@ JavaScript

ナビゲーターオブジェクト

ナビゲーターオブジェクトとは

ブラウザ自体の情報や、表示されている HTML などを取り扱うオブジェクトがナビゲーターオブジェクトです。ナビゲーターオブジェクトも複数のオブジェクトから構成されています。

オブジェクトの構造は以下のようになっています。

window オブジェクト

window オブジェクトは、トップレベルのオブジェクトです。表示されているすべてのオブジェクトの親になります。document や location などのオブジェクトをプロパティに持つほかに、新しいウインドウを開いたり、スクロールさせたりといったメソッドも保持しています。

メソッド名 説明
alert() 警告のダイアログボックスを表示する
confirm() 確認ダイヤログボックスで真(true)偽(false)の値を参照
prompt() 入力ウインドウを表示し、ユーザからの入力情報を取り込む
メソッド名 説明
open() 新たなウィンドウを開く
close() 現在表示中の
moveBy() ウインドウの表示位置を指定した座標に移動させる
moveTo() ウインドウの表示位置を指定した距離まで移動させる
resizeBy() 現在のウインドウサイズを指定した分だけ変更させる
resizeTo() 現在のウインドウサイズの幅と高さを変更する
focus() 背面にある画像を全面に移動する
blur() 現在表示中のウインドウを背面に移動する
メソッド名 説明
scroll() 現在表示中のページの指定した位置までスクロールさせる
scrollBy() 現在表示中のページの指定した位置までスクロールさせる
scrollTo() 現在表示中のページの指定した距離までスクロールさせる
メソッド名 説明
setInterval() 一定時間ごとに処理するタイマーの設定
setTimeout() 一定時間後に処理するタイマーの設定
clearInterval() setInterval で設定したタイマーを解除する
clearTimeout() setTimeout で設定したタイマーを解除する

location オブジェクト

location オブジェクトは現在の場所、つまり URL に関する情報を持っています。ページを移動するなどのメソッドが用意されています。

location.href

location.href は現在の URL を保持しているプロパティです。

example.js

location.href='http://www.google.co.jp/';

href 以外のプロパティ

location オブジェクトには、ほかにもサーバにアクセスしたポート番号を保持する port プロパティや「http://ドメイン」部分を除いたパスを保持する pathname プロパティといったものが用意されています。

example.js

document.write (location.pathname);

document オブジェクト

document オブジェクトは (X)HTML 文書を扱うオブジェクトです。document の対象となる内容をすべて保持しています。過去の DHML 用のメソッドやプロパティ以外にも DOM に関するメソッドやプロパティも document オブジェクトに用意されています。

document.write()

document.write() メソッドは、ドキュメントに文字列を書きだす命令です。書きだされる場所はスクリプトが実行された場所になります。

document.write('<p>段落</p>');

document.title()

document.title() プロパティは (X)HTML の title 要素で設定されるドキュメントのタイトルを参照、再設定できます。

document.write("ドキュメントのタイトルは"+document.title+"です。"); 

history オブジェクト

History オブジェクト(履歴オブジェクト)とは、ブラウザの履歴に関するオブジェクトで、履歴リストの中のURLのページへ移動することなどができます。

プロパティ名 説明
length ブラウザの履歴リストの中のURLの数を返す
メソッド名 説明
forward() ブラウザの履歴リストの中の次のURLを表示するメソッド。ブラウザの「進む」ボタンと同じ。
back() ブラウザの履歴リストの中の前のURLを表示するメソッド。ブラウザの「戻る」ボタンと同じ。
go(number) ブラウザの履歴リストのうち、引数「number」に指定した数値に一致するページを表示するメソッド。引数「number」は、現在のページを「0」とし、進む場合は正数、戻る場合は負数で指定する。
go(URL) ブラウザの履歴リストの中のURLのうち、引数「URL」に指定したURLに一致か部分一致するページを表示するメソッド。

example.js

<a href="javascript:history.back();">一つ前のページへ戻る</a>