@ JavaScript

for 文

ある条件(コンディション)を満たす間、同じ処理を繰り返す制御方法を反復処理といいます。

反復処理概念図

for()

for() では条件を設定し、その条件を満たす間、処理を続けます。

format


for(カウンタ変数を初期化; 条件; カウンタ変数の増加) {
  ステートメント
}

for_01.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
<meta charset="utf-8">
<title>sample</title>
<style>
body {
  font-size: 50px;
  line-height: 1.5;
  padding: 100px 0;
  text-align: center;
}
</style>
<script>
for(var count=0; count < 10; count++){
  document.write(count + "<br>");
}
</script>
</head>

<body>
</body>

</html>

for in

オブジェクトの列挙可能なプロパティに対し任意の順番で反復処理を行います。それぞれ個別のプロパティに対し、文を実行できます。

format

for (変数 in オブジェクト) {
  ステートメント
}

次の関数は、オブジェクトとそのオブジェクトの名前を引数として取ります。そして、そのオブジェクトの全プロパティに対して反復し、プロパティ名とその値を一覧にした文字列を返します。

for_in_01.html

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

<head>
<meta charset="utf-8">
<title>sample</title>
<style>
body {
  font-size: 50px;
  line-height: 1.5;
  padding: 100px 0;
  text-align: center;
}
</style>
<script>
var obj = {a:1, b:2, c:3};
for (var prop in obj) {
  document.write("obj." + prop + " = " + obj[prop] + "<br>");
}
</script>
</head>

<body>
</body>

</html>