@ JavaScript

event:イベント

ドキュメントやドキュメントの要素に何か注目すべきことが発生したときに、ブラウザがイベントを発生します。

例えば、ドキュメントのロードが完了したときや、ユーザがハイパーリンク上にマウスを動かしたとき、ユーザがフォームのボタンをクリックしたときに、ブラウザはイベント生成します。

JavaScript アプリケーションで、あるドキュメント要素のあるイベントについて処理を行いたい場合には、その要素のそのイベントに対してイベントハンドラを登録します。

その後、このイベントが発生すると、登録したイベントハンドラがブラウザから呼び出され、イベントに対して処理を行います。

GUI を使うアプリケーションはすべて、このような方法で設計されています。

イベントは、発生した状況によって種類が変わります。たとえば、ユーザがマウスをハイパーリンクの上に動かしたときと、ユーザがマウスでハイパーリンクをクリックしたときでは、発生するイベントの種類は異なります。

また、状況が同じでも、コンテキストによって発生するイベントが変わる場合もあります。例えば、ユーザが Submit ボタンをマウスでクリックしたときと、Reset ボタンをクリックしたときでは、発生するイベントが異なります。

イベントは Web ブラウザの中で抽象化されていて、JavaScritp コードから直接イベントを操作できません。

イベントタイプ(イベントの種類)は、イベントに応じて呼び出されるイベントハンドラの名前で区別し、イベントハンドラによって、発生したイベントごとに処理を実行できます。

HTML の要素にはイベントハンドラ属性をサポートしている要素があります。イベントハンドラ属性は属性値に記述した JavaScript のコードを発生したイベントに関連付けて実行する属性です。例えば、以下のような属性があります。

マウスイベント
イベントハンドラ 発生条件
onClick 要素やリンクをクリックした時に発生
onDblClick 要素をダブルクリックした時に発生
onMouseOut マウスが離れたした時に発生
onMouseOver マウス乗った時に発生
onMouseUp クリックしたマウスを上げた時に発生
onMouseDown マウスでクリックした時に発生
onMouseMove マウスを動かしている時に発生
onDragDrop マウスでドラッグ&ドロップした時に発生 ※NN4のみ
HTML イベント
イベントハンドラ 発生条件
onLoad ページや画像の読み込みが完了した時に発生
onUnload ウィンドウを閉じた時、他のページに切り替えた時、ページをリロード(更新)した時に発生
onAbort 画像の読み込みを中断した時に発生
onError 画像の読み込み中にエラーが発生した時に発生
onSelect テキストが選択された時に発生
onSelectStart ページ内の要素が選択されようとした時に発生 ※IEのみ
onSubmit フォームを送信しようとした時に発生
onReset フォームがリセットされた時に発生
onBlur ページやフォーム要素からフォーカスが外れた時に発生
onFocus ページやフォーム要素にフォーカスが当たった時に発生
onChange フォーム要素の選択、入力内容が変更された時に発生
キーイベント
イベントハンドラ 説明
onKeyUp 押していたキーをあげた時に発生
onKeyDown キーを押した時に発生
onKeyPress キーを押してる時に発生