@ HTML

blockquote 要素

blockquote 要素は、他の情報源からの引用・転載セクションであることを表す際に使用します。

example

<blockquote>
  引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。
</blockquote>

cite 属性には、引用元のアドレスが存在する場合にそのURLを指定します。

example

<blockquote cite="https://ja.wikipedia.org/">
  引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。
  </blockquote>
  

cite 要素を使って、引用元のタイトル、引用元へのリンクを表わすことができます。

example

<blockquote cite="https://ja.wikipedia.org/">
引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。
<cite><a title="" href="https://ja.wikipedia.org/" target="_blank">Wikipedia</a></cite>
</blockquote>
  

mark 要素を使って、特定のテキストをハイライト表示することもできます。

example

<blockquote cite="https://ja.wikipedia.org/">
引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、<mark>他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、</mark>先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。
<cite><a title="" href="https://ja.wikipedia.org/" target="_blank">Wikipedia</a></cite>
</blockquote>
  

blockquote 要素の使用例を以下に示します。

参考記事

引用(いんよう、英語:citation, quotation)とは、広義には、他人の著作を自己の作品のなかで紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載等のこと。引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。