@ Gulp.js

Gulp.jsのインストール

gulp.js を使うためには、 Node.js がインストールされている必要があります。

Node.js のインストール

Node.js は次のリンクからインストーラをダウンロードできます。

https://nodejs.org/ja/

Node.js のバージョンを確認する

Node.js のインストール後、下記のコマンドでインストールされている Node.js のバージョンを確認します。

$ node -v

npm のバージョンを確認する

npm(Node Package Manager)とは Node.js のモジュールを管理するためのツールです。Node.js にはさまざまなモジュールが公開されており、npm を使うことで簡単にインストールできます。また、自分でモジュールを作成して公開する場合にも npm を使います。Node.js をインストールすると npm もインストールされます。

下記のコマンドでインストールされている npm のバージョンを確認します。

$ npm -v

package.json を利用する

package.json は project の package を管理するためのファイルです

package.json を作成しておくと、インストールした gulp.js のバージョン情報などを記録しておくことができます。

package.json は、ファイルを新規作成して利用することも可能ですが npm init コマンドで作ることができます。

npm init コマンドを使った package.json の作成手順は以下のとおりです。

  1. user(任意)ディレクトリに myproject(プロジェクトディレクトリ)を作成する
  2. プロジェクトディレクトリに移動する
  3. npm init コマンドを使い対話形式で package.json を作成する
$ cd C:\Users\user\myproject
$ npm init

npm init コマンドは、実行すると対話形式でプロジェクトの名前やバージョンなどを入力して、package.jsonを作成します。質問をスキップして作成することもできます。

package.json

{
  "name": "myproject",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

最低限必要な package.json の項目

npm init コマンドを使って作成した package.json は Node.js の library を公開する際に使われるファイルなので、license などが入ります。しかし、開発環境として npm を使う場合には、ほとんどの設定項目が不要になります。
最小限必要な記述は、{ “private”: true } です。 npm init で作成しなくても、 package.json ファイルを作成して、 { “private”: true } と記述しておけば、パッケージのインストール時にバージョン情報などが記録されます。

package.json

{
  "private": true
}

“private”: true はこのプロジェクトがプライベートプロジェクト(公開しないプロジェクト)であることを意味しています。

パッケージの情報を記録してインストールする

package.json に gulp.js のバージョンを記録てローカルインストールするには、プロジェクトディレクトリに移動して –save-dev オプションを使いインストールします。

$ npm install gulp --save-dev

package.json に次のように記録されます。

package.json

{
  "private": true,
  "devDependencies": {
    "gulp": "^3.9.0"
  }
}

gulp.js のバージョン情報の確認手順は以下のとおりです。

  1. プロジェクトディレクトリに移動する
  2. gulp -v コマンドで gulp.js のバージョン情報を表示する
$ cd C:\Users\user\myproject
$ node_modules\.bin\gulp -v

gulp.js をインストールをしたディレクトリには、 node_modules というフォルダが出来ます。このフォルダの中に、npm でインストールされる様々なファイルが格納されることになります。