@ Tips

Domain:ドメイン

IPネットワークに接続された機器を判別するには、IPアドレスを使います。 しかし、普通の人間にとっては202.12.30.144といった数字の組み合わせを覚えておくのは難しいことです。 当然、fileserverとか、proxyserverとかいった意味をもった英単語を使いたくなります。 当初はこの名前(ホスト名)とIPアドレスの一覧表を、 個々の機器がもっていました。 しかしインターネットに接続されたホストが増えるにつれ、 この表を最新の状態に保てなくなりました。 そこで導入されたのがDNSです。

DNSは、Domain Name System(ドメインネームシステム)の略で、インターネット上の名前であるホスト名(ドメイン名)と、 インターネット上の住所であり、数字で構成されるIPアドレスとを対応づける仕組みです。この方法で付けられた名前がドメイン名、というわけです。

ドメイン名は、つぎのような表記で表されます。

www.example.co.jp

ドメイン名 – JPNIC

当初は単なる識別子として考えられたドメイン名ですが、 インターネットが普及するにつれ会社名や商標との関連が問題になってきました。 関係ない第3者が、 特定の会社や商品を連想するドメイン名を取得できてしまったからです。 もちろん、 その商品に惚れ込んだユーザーがファンサイトを構築する場合もあるでしょう。 しかし、誹謗中傷を目的としたり、高額での転売を目的とする場合も多々あります。 こうした人間を、サイバースクワッターと呼んでいます (squatterは不法占拠者のこと)。 この問題に対処するため、 UDRP(Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy)が制定されました。 また、これを日本向けに直したものが「JPドメイン名紛争処理方針」です。